記事一覧

バッキーくんとクゥちゃん!



バッキーくん…手前のブラウンの子…ガガさまとアッテくんの子!

一番奥の子がクゥちゃん!

ブログに書いた、体重が600gちょっとの時に、麻布大学付属動物病院の

眼科の印牧(かねまき)先生に、左目を手術していただきました。

有名な先生です。

一般の診療が終わってから、18時~20時まで2時間かかりました。

検査、手術、抜糸、すべて朝から食事抜きです。

可哀想でした。

ウエットフード、水、器持参で、終わったらすぐに食べさせました。

4日の入院で、体重が200g以上も増え、ホッとしたのを覚えています。

7月19日だったかな?手術が!

モニターで見ていましたが、顕微鏡を使った凄い細かい手術で、

これじゃ、50万、いいや100万かかっても当たり前…なんて思いました。

そんなにはかかりませんでしたが( ^ω^)・・・!

金額を言われて、「えっ、それだけですか?」なんて言葉が出るくらいでした。

8月末に、眼球の抜糸、すべて終わりました。

エリザベスカラーが小さいのがなく、クリアファイルの可愛い柄のものを

買って手作りしました。

ブリードをはじめて14~5年、これが一番大きな事件(??)でした。

忘れられません…何でもすぐ忘れる私が(;´・ω・)



1704141.jpg

バッキーくんは、小さいときに虚弱で、もう一頭の大きくならない子と

一生懸命食べさせて、獣医さんに通って、と手をかけた子です。

他の子より何十倍も名前を呼んでると思います。

だから、しっかり自分の名前はわかります。

オーナーさんが、「名前を呼ぶと返事してくれます」と言ってました。

3歳くらいになってやっと健康になりました。

こんな子たちを家族にしてくれて、オーナーさんには感謝しています。

因みに、オーナーさんは、あの「ツンツン」していたお局ひめちゃんが、

なぜか懐いてた人です!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント